株式会社大喜水質管理センター

Q&A:教えて!だいきさん

 

浄化槽の臭いが気になるのですが?

A.臭いと一口に言っても、原因は様々です。まず、ブロワー(送風機)は動いていますか?ブロワーが止まっていると浄化槽の機能が働いていないので、臭いがでます。
次に、そろそろ汲み取りが必要ではないですか?そして、マンホールと枠の間に隙間がありませんか?マンホールが鉄の場合、古くなるとサビなどで腐食してフタがピッタリと閉まらなくなります。そうなると隙間から臭いが出てきます。
そうそう、もう一つ。トイレを流した直後、特に朝など家族みんなが次々にトイレを使うと、一度に大量の水が浄化槽に入り、中が混ざりますので、一時的に臭いが出ます。この場合、先の三列と違い、しばらくすると臭いは治まります。
他にも原因はありますが、いずれにしても「臭うなぁ」、「いつもと違うなぁ」と思ったら、お電話をください。
担当がお伺いして、適切処置とアドバイスをさせていただきます。お気軽に!!

2週間ほど旅行します。ブロワーの電源はどうすればよいですか?

A.ブロワーの電源は切らないでください。ブロワーを止めますと、浄化槽の水質が悪くなり、臭いが出てしまいます。
長期留守にされる場合は、浄化槽の清掃(汲取り)をしてからブロワーの電源を切ってくださったら大丈夫です。

ブロワー(送風機)が壊れました。どんなブロワーでもいいですか?

A.交換する際に注意が必要なのは、吐出口の数と風量が挙げられます。
吐出口が一つのものは問題ありませんが、二つある浄化槽は、目詰まり等のトラブルを防ぐ為に、取り付け方向を間違えない事が重要です。
次に風量ですが、浄化槽は、建物の大きさによって容量が異なります。容量の大きい浄化槽を均一にかき混ぜ、安定した酸素を供給するには、風量の大きいブロワーが必要です。風量が足りないと水質が悪化し、浄化槽本来の性能を発揮できません。使用状況でも適切な風量が変わる場合もありますので、取り替えの際はご相談ください。

法定検査は受けないといけないのですか?

A.浄化槽の使用者は、法定検査を受けることが法律(浄化槽法)で義務づけられています。
保守点検と清掃は、浄化槽の機能を正常に保つ為の作業です。車に置き換えると、日常の点検(エンジンオイルの交換・洗車など)にあたります。一方、法定検査は保守点検や清掃が適正に行われているかも含めて、浄化槽が正常に働いているかどうかを、第三者機関である指定検査機関が公正中立に行う検査です。車に置き換えると車検にあたります。浄化槽は、毎年車検なのです。保守点検や清掃とは趣旨、内容、目的も違い、全く別の観点から行われています。理解していただいたうえで、受検してください。

台所が臭うんですがどうしたらいいですか?

A.流し台下の排水管と排水ホースのつなぎ目は、隙間の無いように処理されていますか?まず確認してみてください。
一般的な台所の排水口を開けてみると、まずカバーがあり次にゴミを集めるカゴ、そしてお椀を逆さにしたようなカバーが見えてきます。このカバーが外れたり、ずれたりすると、排水とラップの働きがなくなり悪臭が上がってきます。見落としがちですが、お椀の内側にも油などの汚れが溜まります、清掃が必要です。
三角コーナーも臭いの発生源です。消毒や熱湯消毒などこまめに清掃をして、臭い対策に役立ててみてください。

トイレやお風呂の掃除に洗剤や漂白剤は使っていいの?

A.浄化槽管理者の使用上の注意事項に『浄化槽の機能を正常に維持するためには、維持管理が適正に行われていると共に、使用者にも正しい浄化槽の使い方をして頂かなければならない。』また、『殺虫剤、洗剤、油脂類、おむつ…など浄化槽の正常な機能を妨げるものは流入させなし。』とあります。
中性洗剤は比較的安心してお使い頂けますが、酸性・アルカリ性の強い製品は大量に使用しないでください。浄化槽の生物処理機能に影響し、臭気の発生や発泡、水質の悪化につながります。臭気などに異常を感じた場合は、適切な処理を致しますのでご連絡ください。

マンホールの周りから泡が出ています。何か異常でしょうか?

A.浄化槽の設備的な問題ではありません。次のような原因が考えられます。
使用開始直後、または清掃直後など微生物の働きが不安定なときに発生します。また浄化槽内の水温と気温の温度差が激しい時に、泡の発生が多くなります。その他、洗剤等の使用頻度が高かったり、大量に使用したりする場合や薬の服用、使用人数の急増等も泡の発生の原因になります。
マンホールの周りから出た泡は、水で洗い流してもらって構いません。弊社にご連絡いただければ、槽内の泡は消泡剤を使って処置します。ご相談ください。

ビューティーウォーターって実際どうなの?

A.当社環境事業部のまこちゃんと、わたくし井上の2名が、以前「みずから通信no.2」で紹介しました「ビューティーウォーター」を購入。その感想を報告いたします。
まず、便利です。この暑い時期には、学校、職場に毎日お茶を持っていきます。以前は沸かしていたので、冷めるまで時間がかかりました。しかし、これは沸かす手間がいらないので、冷たいお茶がすぐに飲めます。しかも、おいしい。お湯も出るので、カップラーメンもすぐたべられます。ガロン式ボトルのサーバーに比べ値段が安いことや、予備ボトルを置かなくてもよいことも魅力です。ぜひ、おすすめします。

浄化槽から虫が出ています。大丈夫でしょうか?

A.浄化槽は蚊やハエなどの虫や、その幼虫が発生することがありますが、浄化槽の異常ではありません。浄化槽には汚物が溜まっており、そこに外部から入ってきた虫が卵を産みつける為に虫が発生します。特に4月から10月位までの暖かい時期には多くなります。
点検に伺った際に浄化槽内に虫の発生が認められた場合は、汚物の状況や虫の種類に応じて数種類(スプレー・粒剤・粉末・殺虫スプレーなど)の殺虫剤を使用し、駆除及び予防の処置を行いますが、点検時以外で虫に気付かれた場合には弊社までご連絡ください。適切な処理をさせていただきます。

ブロワが盗まれました!どうしよう?

A.加入されている保険によっては、補償の対象となる場合があるようです。詳しくは保険会社にお問い合わせください。
また、盗難にあいにくいようにブロワを移動したり、固定することも出来ます。担当の管理士にご相談ください。

排水管洗浄にはどんなメリットがあるの?

A.【メリット1】排水口からの嫌な臭い等は、石鹸カス・油汚れ・髪の毛などの日々の汚れが原因です。洗浄で大分改善できます。

【メリット2】汚れが詰まった配管では物が引っ掛かり易く、詰まりの原因になります。この原因を除去することができます。

【メリット3】臭いや詰まりを改善することで安心して、気持ちよく生活を送る事ができます。

汲取りトイレの臭いはどうしようもありませんか?

A.汲取りトイレや仮設トイレの臭気は、仕方ないと思われている方も多いようです。
臭いを抑える製品としてトイレに直接流すタイプの「ビーナス」・「パラット」・「BB」シリーズ各種、空間にスプレーして消臭する「アスファ水」等を取り扱っています。臭いをまったくゼロにすることは難しいですが、臭気の原因や状況に応じてご提案をさせていただきます。

【使用例】
仮設トイレの臭いにお困りのお客様。
「パラットCL」を定期的に入れることで、臭いが軽減されている。(月千円程度)

暖かくなってくると、蚊や小バエに悩まされます

A.浄化槽に限らず、雨水マスや池等の水回りで発生する、ユスリカ・チョウバエなどの不快害虫に悩まされますよね。
殺虫剤ではなく、幼虫が成虫になるのを阻害する(羽が生える前に脱皮できなくしてしまう)ことで、ブンブン飛び回る虫の発生を抑制できる商品があります。
発生源や害虫の種類で使用する商品が違ってきます。人や動物には安全なものを選んでご提案いたします。お庭や倉庫の中、汲取りや仮設トイレの害虫予防にも効果があります。

【使用例】
汲取りトイレでウジ虫が発生。気になる都度に「ムシソウジ」という商品を散布。ハエが発生しない。暖かい季節のみ使用(月千円程度)

トイレを使用する上での注意点はありますか?

A.トイレットペーパーは大量に使用するのを控え、なるべく水に溶けやすいものを使用してください。
生理用品や紙おむつなども、排水管つまりの原因となります。また、タバコの吸い殻などの異物は、水に溶けず浄化槽で処理できませんので流さないでください。

排水管はなぜるまるの?高圧洗浄作業とは?

A.食生活の変化に伴い、油脂分も多い食品摂取が増えたことで、排水管の汚れの蓄積が進んでいます。
脂分は洗剤と水に反応し、石鹸状に固形化します。年月が経つとつまり及び臭いの原因となってきます。市販の薬剤では解消できないつまり臭いなどは、高圧洗浄をおすすめします。

手の届かない排水管の中を高圧の水で洗浄します。薬品なども使わないので浄化槽にも安心。屋内の台所、洗面所、洗濯、浴室、屋外の雑排水管、汚水管などすべての作業可能です。

だいきすいしつでは、専用の高圧洗浄車で排水管洗浄作業を行っています。臭いが気になる、流れが悪いと思われる方、お気軽にお電話ください。

ページTOPへ ▲